宙フェス2018

宙×トーク

法輪寺会場の特設ステージでは様々なステージを展開!
今年は初の2DAYS開催となるため2日間でテーマの違う「宙トーク」を楽しんで頂けます。

9/23(日)LOVE&SPACE

秋葉原から宇宙を救う活動を続ける「でんぱ組.inc」の夢眠ねむとアメリカ航空宇宙局(NASA)で研究開発に携わる小野雅裕の対談が実現!宇宙にまつわるアート&サブカルチャーに造詣の深い夢眠ねむと、著書本「宇宙に命はあるのか」が話題の小野雅裕による宇宙萌えクロストークに、新しい宇宙の魅力を発見して頂けること間違いなし!

  • 夢眠ねむ でんぱ組.inc

    夢眠ねむでんぱ組.inc

    7月14日生まれ。三重県伊賀市出身。アイドルグループ「でんば組.inc」のメンバーでテーマカラーはミントグリーン。“ねむきゅん”の愛称で親しまれる。アキバと世界を繋ぐ新しい時代のスーパーアイドル!映像監督やコラム執筆、大学講師や美術家としての活動の他にも、みえの国観光大使を務めるなどジャンルに関係なく活躍の幅を広げている。
    食べることが好き、本好きで知られる一面もあり、著作には『本の本 夢眠書店、はじめます』『ゆめみやげ』『まろやかな狂気』『夢眠軒の料理』などがある。

  • 小野雅裕 アメリカ航空宇宙局 NASA

    小野雅裕アメリカ航空宇宙局 NASA

    NASAの中核研究機関であるJPL(Jet Propulsion Laboratory=ジェット推進研究所)で、火星探査ロボットの開発をリードしている気鋭の日本人。1982年大阪生まれ、東京育ち。2005年東京大学工学部航空宇宙工学科を卒業。2012年マサチューセッツ工科大学(MIT)航空宇宙工学科博士課程および同技術政策プログラム修士課程修了。慶応義塾大学理工学部の助教を経て、2013年よりアメリカ航空宇宙局(NASA) ジェット推進研究所で勤務。2016年よりミーちゃんのパパになる。主な著書は、『宇宙を目指して海を渡る』(東洋経済新報社)。『宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八』(SB新書)。

  • 寺薗淳也 現在会津大学企画運営室・先端情報科学研究センター准教授

    寺薗淳也(てらぞの じゅんや)現在会津大学企画運営室・先端情報科学研究センター准教授

    1967年東京都生まれ。名古屋大学卒。東京大学大学院博士課程中退。宇宙開発事業団、宇宙航空研究開発機構、(財)日本宇宙フォーラムを経て、現在会津大学企画運営室および先端情報科学研究センター准教授。専門は惑星科学、情報科学。月・惑星探査を中心とした情報システムの構築などを専門としている。また、月・惑星探査の普及啓発などにも努めている。著書は『惑星探査入門』(朝日新聞出版、2014年)、『夜ふかしするほど面白い月の話』(PHP研究所、2018年)など。

中秋の名月 9/24(月・休)MOON TRIPPER

プラネタリウムでの詩の朗読など、星や宇宙にまつわる作品を数多く発表する大宮エリーと共に月見酒を味わいながら「究極のお月見」を体験しよう!!

  • 大宮エリー 作家、演出家、画家

    大宮エリー作家、演出家、画家
    撮影:諸井純二

    テレビ、映画、ラジオ、演劇、現代美術、とボーダレスに活動。
    主な著書は「生きるコント」「思いを伝えるということ」(文春文庫)、最新刊に「なんでこうなるのッ?!」(毎日新聞出版)、「朝日中学生新聞「シティリビング」「日経MJデジタル」にて連載を持つほか、画家としての主な展覧会は、十和田市現代美術館での個展「シンシアリー・ユアーズ」(2016)、金津創作の森での個展「this is forest speaking」(2017)
    各地のフェスやイベントで朗読会やライブペインティングをするなど日本中を飛び回っている。毎週水曜日はスナックエリーという全国のみんなと1時間乾杯して話す番組を生配信、大物ゲストもたまにくる。
    http://ellie-office.com/snack/