宙フェス2018

宙フェスエリア紹介

メイン会場となるのは、和同6年(713年)に建てられた由緒あるお寺「法輪寺」。
法輪寺会場の最寄り駅である阪急嵐山駅・駅前広場や渡月橋を臨む中之島公園エリアなど
嵐山各地で宙フェスの関連イベントが目白押し!

阪急嵐山駅·駅前広場(入場無料エリア)

阪急嵐山駅の駅前広場が宙フェスのエントランス会場に!広場では宙や宇宙モチーフの物販ブースやフォトブースが軒を連ねて嵐山駅・駅前から宙フェスムードを盛り上げます!

法輪寺(有料エリア)

メイン会場となるのは、和同6年(713年)に建てられた由緒あるお寺「法輪寺」。
お寺のご本尊である「虚空蔵菩薩」は大空(宇宙)を意味しています。
境内特設ステージでは著名人によるトークショーを開催。星や宇宙をモチーフとしたハンドメイドアクセサリーが揃う「宙×マーケット」や、宇宙柄ネイルやクラフト体験が楽しめる「宙×ワークショップエリア」、嵐山が一望できる展望台では星や宇宙をテーマにしたフード&カフェが集まる「宙×カフェ」コーナーも登場!

中之島公園エリア(入場無料エリア)

渡月橋を臨む川沿いの中之島公園エリアでは、シャボン玉ワークショップなどのびのび遊べる「宙×キッズエリア」や「宙×サイエンスエリア」を展開。夕暮れからは天体望遠鏡で月や星を覗いて頂ける天体観測会を開催します!

嵐響夜舟(別途乗船チケットが必要)※開催は24日のみ

屋形船に揺られて月や星空を楽しんでいただける「嵐響夜舟」が今年も開催!
川面に移る月を愛でながら、川岸から流れる音楽を楽しんでいただける優雅なお舟遊びです。平安時代の貴族になった気分で宇宙遊泳を楽しんでみませんか?

嵐響夜舟の詳細&乗船チケット情報COMING SOON